【日常】本から学べる事・その大切さ【ほちふぃっと】では運動だけでなく色々な情報をお届けしています!

はじめに

こんにちは😊

最近体調を崩したこともあって、1か月空いてしまいました。

ここ最近

  • やりたいことってなんだろう
  • これからどうしていきたいんだろう
  • もっと仕事を効率化できないか

こんなことを考える機会がありました。

そんな時、幾度となく拒んできた・あきらめてきた『読書』と出会いました。

その『読書』との出会いを皆さんと共有できたらなと思います😘

そしてこのブログをみて、何か皆さんのこれからのヒントになれば幸いです!👌✨

前回までの投稿

「カッコ良い人とカッコ悪い人」貴方はどちら?継続するのが苦手な方一緒に頑張りましょう

礼儀は大事だと常に思っています。どんな仕事にも大切ですよね?【ほちふぃっと】

今日の本題

 

さて冒頭で『読書』について触れましたが、

皆さんは読書をされますか?

 

僕自身はあまり読みませんでした。

学生時代から
「本はいいよ」

「世界が変わる」

「本を読んだ分だけ見える世界が違う」

など沢山聞いてきました。

しかし僕は

「特に好きじゃないしなぁ」

「マンガの方がおもろい」

と思っていた僕は特に読みませんでした。

23歳の僕の人生の中で何度か本を読もう!という時期は来てました。

しかし継続して読みませんでした。

 

なぜ読まなかったの?

 

「面白い!」
「もっと読みたい!」

と自発的に思わなかったからです。

だって面白くないし好きでも無いことしたくないじゃないですか。

退嬰だった僕には本はつまらなかった。

こんな僕を変えてくれたのが

お世話になっている木谷さん、原田さんが運営されているデジタル改革スクールの第一期生である
中村達也さんが出ている本です!

【夢を仕事にする方法】

この本の存在が退嬰的だった僕に一筋の光を与えてくれました。

この先気になりますよね?🤔🤔

続きはまた次回😉

必ずチェック!
ですよ!よ!よ!

 

お問い合わせはこちら!